広場 1

When YDS Architects designs residential buildings, the practice always questions the concept of ‘living together’. Creating public spaces of agoras and paths within residential building are the main design theme.

When one goes to apartments, one reaches there by roads. In many cases, spaces of agora and path would vanish once one enters residential buildings. Corridors by which you go to your own housing unit are simply routes and they cut the relationship with the cities.

Agoras where residents would gather, interact with each other, and feel nature are essential spaces.

In ‘Void in a Forest’, ‘Urban Court like western agoras is created. It is enclosed by the walls and the louvers. In residential buildings where economical rationality are highly valued, there are always some difficulties in making these public spaces.

YDS Architects pursues designing these public spaces as effective as possible by carefully studying laws and given conditions.

 

集合住宅を設計する際には、「集まって住むこと」を改めて問い直し、その土地ならではのコンセプトを考えます。住まいを足し合わせた建築ではなく、集まっているからこそ得られる空間を創りたいと考え、道の空間と広場の空間を創り出せないか、考えています。

「集まって住む」からこそ、集合住宅において、住まい手が自由に使うことが出来る広場の空間が必要ではないか、と考えています。

集合住宅へ至る際には、街から道路を通って到達します。しかし、多くの集合住宅において敷地内に足を踏み入れた途端に、都市空間にある広場と道の空間は喪失します。

エントランスホールから各住戸へ至る廊下などは、ただの経路となっており、人間関係を遮断しています。人が集まり、憩い、自然を感じることの出来る広場を創りたいと考えております。

「石神井公園の集合住宅」では、西欧の広場のような「都市の中庭」を創り出しました。この中庭は壁面とルーバーで内包された空間です。

経済的合理性を追求する集合住宅において、このような広場の空間を創り出すことは困難を伴います。法規制などを詳細に検討し、ふくらみのあるパブリックスペースを合理的に創り出すことを考えております。