Agora/広場 3

In the corridor of ‘Void in a Forest’, the light always comes from the court (agora) next to the corridors.

When the residents go to one’s unit or go out to the city, they always proceed in the light place. Thanks to the light, the straight corridors are not monotonous but are places one would feel tastes of seasons.

Also one could be able to feel Japanese traditional feeling of ‘Light and Shadow’. When  YDS Architects designs houses and residential buildings, the practice intends to design spaces of paths(rojis) as well as of agora.

The paths between housing units and the entrance hall would be enjoyable spaces with the light and wind by these agoras and paths.

In this residential building, stairs are placed in the court so that they connect with each other which functions as three-dimensional public spaces.

 

「石神井公園の集合住宅」では、各階の廊下に面する中庭(広場)から自然光が降り注ぎます。

住まい手は自らの住戸から街へ出かける際、EVか階段によりエントランスホールへと降りる際に、自然光に照らし出された空間を進みます。

この光によって、シンプルな直線の廊下の空間が単調にならず、四季折々の風情を感じることが出来ます。生み出される光と影による「光と影のうつろい」を感じることを意図しています。

集合住宅の空間においては、このような広場の空間と同時に道の空間も創り出したいと考えています。それぞれの住戸にたどり着くための単なる経路ではなく、楽しみながら到達できるようにしたいと考えています。

ここでは広場の中に道の空間として階段を配置し、立体街路の様な空間を創り出しました。