広場 4

In ‘Forests of Grids’, a small forest within it is created. The image is that the residents always feel nature by regenerating Musashino Forest which once  existed and embraced by people.

The agora enclosed by two walls of the height of 2 stories, so the space of the agora is calm and tranquil. The intention is to create places of nature where one would feel an infinite vastness like a universe.

To get the maximum volume, the agora is placed in the part where volumes of only 2-story heights would be built.

Creating the agora of the forest while keeping the economical rationality is the key of the solution. Stairs are placed around and at the center of this agora. One would enjoy these spaces by connecting them with each other.

Through the hole dug in the curved wall around the forest, one would see the trees from the outside city.

This is an attempt to create a kind of contribution to the city by the architecture by this forest.

 

「吉祥寺の集合住宅1」では、植栽豊かな小さな森を創りました。ささやかなスケールですが、商店街に武蔵野の森を再現し、住まい手が自然を身近に感じながら生活するイメージです。

この森は広場のような空間で2層の高さのコンクリートの壁で囲われ、落ち着いた空間となっています。小さな宇宙のような広がりを持つ自然の空間を考えました。

住戸のボリュームを最大限確保するために、この中庭は高さが2層までしか建てられないエリアに配置しました。経済的な合理性を確保しつつ、この建築だけの中庭の空間を創り出しています。

階段をこの中庭に配置し、道の空間として垂直動線である階段が広場を囲む構成にしました。道の空間と中庭の広場の空間が接続することで、日常生活の中で楽しんでいただけるように考えています。

中庭を囲むコンクリートの壁に大きな開口を開け、街からも樹木を見ることが出来ます。

小さな森によって、建築が都市空間に貢献することを考えました。