広場 5

YDS Architects intends to design spaces of agora also in schools, and kindergartens.

The entrance hall of ‘Fujimi Kindergarten’ is designed as spaces of agora. In the large entrance hall, one would see the pathways like Engawa spaces, Japanese typical semi-outdoor spaces, which connect play ground with nursery rooms. Making the hall not only the mere checkpoint but the symbol of this kindergarten is the image.

Children would run and enjoy themselves in the entrance hall. The space is in the way to the Engawa spaces and to the playroom in the second floor, it situates at the center of the building.

The walls of the entrance hall might be exhibition spaces for works of children including their paintings. When the works are posted on the wall, the space of entrance hall would become MOCA, Museum of Children’s Arts. The arc-shaped column of exposed concrete stands out in the hall, and it tighten the space of the hall.

Children would enjoy in this entrance hall, and they would embrace the happy memories which are typical to Fujimi Kindergarten.

 

幼稚園などの学校施設で、広場のような屋内空間を創り出したいと考えています。

「田無富士見幼稚園」において、エントランスホールを広場の空間と考えました。広いエントランスホールは、保育室などへ繋がる縁側の空間を臨みます。職員室に面したホールを、新たな園の顔としての風格を持たせると同時に、単なる通過点としないように考えました。

このエントランスホールは園児達が走り回ったり、遊んだりすることが出来る広場の空間です。エントランスホールから各保育室へ到る縁側へ行く動線、二階の遊戯室へ行く動線上にあり、幼稚園全体の中心にあります。

職員室との境の壁面には、園児達の描いた絵などの作品を掛けることが出来ます。園児達の作品が掲げられた時、小さなミュージアムのような空間になります。

上階の遊戯室を支える柱は、コンクリート打ち放しの円柱とし、ホールの空間を引き締めます。

自分の作品が掲げられるこのミュージアムの空間は、園児達の楽しみの場であり、田無富士見幼稚園特有の記憶を生み出すでしょう。