広場 6

YDS Architects intends to make spaces of agora in single houses. By connecting living rooms with the outer space of agora, spaces where families gather and enjoy would be come into being.

In ‘Y-House’ the terrace like an agora is inserted into the volume. Although the space is small, the terrace with 2-story height is the agora for the family.

The image of the terrace is a little universe of this house. By placing the living room next to the agora, one would enjoy inner and outer spaces at the same time. To make this agora the center of the life of the family, all the moving paths are made to face this agora.

All the member of the family would feel a sense of unity thanks to the agora and rojis.

Around this agora, the residents would enjoy the life engulfed by light and wind.

 

住宅においても「広場の空間」を創りたいと考えています。屋外の広場のような空間とリビングの空間が一体となって、家族が集える空間を創りたいと考えています。

「茨城の家」では、貫入したテラスがより広場のような楽しい、家族が集える空間です。このテラスは小さな空間ですが、住宅の中の小さな宇宙のイメージです。テラスの隣にリビングルームを配置し、内部外部の空間を一体的に楽しめます。

テラスからスリットを通り、もたらされる自然光が玄関の空間を彩ります。

このテラス=広場が家族の中心の空間となるように、動線は全てこのテラスに面するように設計しました。

この小さな広場のような空間のテラスを中心に、光と風に包まれた生活を住まい手が楽しむでしょう。