Nature/自然 7

In  ‘Y-House’, the spatial structure of rooms is the main theme. To let the light and wind go into the spaces, YDS Architects inserts the terrace into the volume.

In ‘House I’ , the terrace is placed in the 2nd floor and the height of this space is 1-story. The intention of ‘Y-House’ is to insert larger void into the volume. Inserting the terrace with 2-story height into the space next to the living room, light and wind go into the spaces.

Placing the main routes including the stair, hall, and corridors as well as the living rooms next to the terrace, one would feel the light and wind from the terrace every moment. Thus, the terrace would be the core space of their daily life and it brings about infinite vastness.

By this architectural method, light slightly go to the spaces of the hall and the stair via the narrow windows so that these spaces become symbolic spaces of light which express transitional beauty.

 

「茨城の家」の設計において、各部屋の空間構成が大きなテーマとなりました。光と風を住宅内部に引き込むために、テラスが貫入するデザインとしました。

「神栖の家」ではテラスは2階にあり、高さは1層分です。「茨城の家」においては、テラスの外部ヴォイドを2層分にして、よりヴォリュームの大きなヴォイドを建築に貫入することを考えました。

テラスが貫入することにより、リビングや和室などの各部屋に光と風が入り込みます。

リビングルームと同様に、階段やホールなどの主要動線をテラスに面する場所に配し、中庭からの光や風をいつも感じることが出来るようにしました。このテラスは住まい手にとって中心の空間となり、無限の広がりを生み出します。

テラスの貫入により、スリットを介して玄関ホールや階段の空間に自然光が差し込み、刻々変化する光の美を演出する象徴的な光の空間となりました。