自然 8

YDS Architects thinks to create spaces where one would feel the nature by bringing about the light, wind, and rain.

To experience the nature within the architectures, the practice design spaces where the nature is enfolded.

The light, wind, and rain in spaces of architectures show various expressions which are different from the ones we see and feel in our everyday life. By taking these natural factors in the architectures, the intention is to create spaces one would feel the transition of seasons.

In ‘House K’, one would feel the nature by the light and wind from the terrace inserted in the second floor. The light from the terrace changes every moment expresses transitional beauty. When it rains, one would find something new when one see the rain over the glasses from inside.

YDS Architects intends to create architectures which softly fold the nature and to scoop the natural light.

From this terrace one would see ‘one’s own sky’, and one feels that the sky is nearer to you than one see in daily life. Although the actual distance between you and the sky is almost the same whether one is in the terrace or in the earth, psychological distance would become shorter.

YDS Architects embraces this kind of experiences.

 

光や風、雨を建築の内部に取り込み、自然を感じられるような空間を創ることを考えています。空間に自然を内包し、建築の内部で自然を体験できる空間を創りたいと考えています。

建築の内部空間だからこそ感じられる自然の光や風、雨は、日常で感じるものとは異なり、また違う表情を見せてくれます。それらを住まいに取り入れ、四季折々の風情を感じられるような住空間を目指しています。

「熊本の家」では、二階にテラスを貫入させ、テラスから光や風などの自然を感じられるように意図しました。テラスを通して差し込んでくる光は、各部屋で様々に変化し、美を演出します。

雨が降った時、このテラスに降り込む雨をガラス越しに見ると、雨が降るという見慣れた光景がまた違って見え、新たな発見があります。

自然を包み込むような建築を創りたい、そして光をすくい取りたい、と考えています。

このテラスから見上げた空は「自分だけの空」で、空が近く感じられます。実際の空の高さは、このテラスから見ても地面から見てもほとんど変わりませんが、心理的な距離は近づきます。

このように、自然を身近に感じられる体験を大事にしたいと考えています。