道空間 4

In ‘Forests of Grids’, where to place the stair is one of the main themes. Realizing spaces of paths and agoras while establishing both legal restrictions and economical rationality is pursued.

The stairs enclose the agora so that the stairs are open to public and it connects the entrance hall and the agora ‘Urban Forest’. Creating the second agora in the corner of the corridorsresults in making the stairs three-dimensionally relate to the spaces.

From the second agora one would  see the city outside through the dug hole in the curved wall.

This forest functions as the node of the residential buildings and the city.

New public spaces of paths and agora are realized by vertically designing them and mixing them.

 

「吉祥寺の集合住宅1」では、階段の配置が一つのテーマでした。法規制と経済的合理性も確立しつつ、広場と道の空間を集合住宅の内部に具現化することを考えました。

広場とつながる階段は広場の周囲を巡らせる構成としました。エントランスホールを経て、階段を建築内部に接続し、広場=森と積極的に関係づけました。

2階廊下の階段と接続する場所に、開放的な「ふれあい広場」を創り、二つの広場と立体街路の階段の空間が相互浸透し、広がりを持つことを考えました。第二の広場からは広場を囲む円弧の壁に穿たれた開口を通して、外部の都市空間を臨むことが出来ます。

森は建築と都市の結節点となり、森・ふれあい広場・階段が立体的に交錯する広場と道の空間のパブリックスペースを実現しました。