道空間 7

The concepts of promenades are also effective when designing single houses.

In ‘House K’, the terrace functions as an agora, YDS Architects intends to make the life of family develop around the terrace. Connecting rooms by making spaces of promenades around the terrace is the solution.

In spaces of promenades around the terrace, one would see various lights from terraces and top light.  The aim is to make the promenades between the rooms vibrant spaces.

To realize the winding path like parading in traditional Japanese festival, the promenades are not straight but cranked.

One would access the terrace from the corridor, and two rooms for children. Children would run around the terrace and spaces of paths with migratory.

The intention is to make vibrant spaces inside the house by designing these spaces of path.

 

道の空間のコンセプトを住宅において、創り出したいと考えています。

「熊本の家」では、2階のテラスを広場と捉え、生活がテラスを中心に展開するように考えました。動線をコンパクトにすると同時に、広場であるテラスの周囲に道空間をつくり、各室を接続しました。テラスを囲む道の空間では、テラスやトップライトからの様々な光を感じることが出来ます。住宅内部で部屋から部屋へ移動する経路を、楽しむことのできる生命ある空間にしたいと考えました。

吹抜と道空間を関係づけ、道の空間を直線ではなく、テラスを囲む折れ曲がりのある空間としました。日本古来の祭りを練り歩くようなイメージです。

テラスへは廊下から、あるいはテラスの両側の子ども部屋からアクセスすることが出来ます。テラスを中心とした回遊性により、子ども達はテラスと道空間としての廊下と自分達の部屋を走り回るでしょう。

住宅において広場と道空間を複合的に展開し、無限の広がりをもつ空間を創り出すことを目論みました。