共生 4

YDS Architects always intends to design exterior plantations that would meld into both architecture and city.

In ‘Double Box’ that is next to ‘Forests of Grids’, urban continuity has been taken into account. YDS Architects considers these pair architectures would positively relate to the urban context. The image is that the exteriors wrap up the apartment and connect to the urban space.

The shifted volume which succeeds the design of ‘Forests of Grids’ is created to envelope the exterior trees. The architecture transversely folds the nature on behalf of dimensionally surrounds it.

A new and soft relationship between architectures and natures has come into being.

 

都市と建築の接点である外構の植栽の空間を、建築と都市の双方に溶け込むようにデザインすることを考えています。

「吉祥寺の集合住宅2」においては「Forests of Grid」との連続性を考慮し、ボリュームのデザインを考えました。二棟の建築が対となって、都市空間や街並に働きかけるイメージです。

植栽の空間を積極的に活かしたいと考えました。植栽を建築が包み込み、周囲の都市空間につながってゆくことを意図しました。

「吉祥寺の集合住宅1」のデザインを継承し、ボリュームがずれた構成とし、迫り出したボリュームの下部に植栽を植え、植栽の自然を建築が包摂するデザインとしました。

平面的に自然を囲い取る代わりに、断面的に自然を柔らかく包み込みました。

自然と建築のゆるやかな関係と新たな風景が生まれました。