ヴォイド 1

Spaces of voids or meaningless spaces would make our daily life more bountiful.

Spaces of voids don’t have specific meaning, they are like small universes with no functions. Though they are small, they make living spaces which have specific functions more abundant.

In ‘House I’, there are two small voids other than a large void which face the terrace. The size o these small voids are equal to 1 jo (tatami mat), they are spaces of box.

Actually they have no functional meanings, but through which light which change according to time and season would go into spaces.

These light reflect and diffuse in the voids, and they may be strong or soft. These voids are like devices from which light is brought about and in which light changes.

Through them one would see the sky from the living room in the first floor, and one would feel infinite vastness.

These small voids or meaningless spaces would make our life more fruitful.

 

間あるいは余白のような空間が住空間にふくらみをもたらすと考えます。

そこに具体的な役割や機能を持たない、空虚のようなイメージです。小さくても、このような余白の空間があることが、リビングルームなど具体的な役割を持つ空間を豊かにすると考えています。

「神栖の家」では、リビングにテラスに面した大きな吹抜の他に、二つの小さな吹抜をつくりました。テラスに面する小さな吹抜は1畳の大きさで、箱状の空間です。この空間は無の空間であり、季節や時刻により様々な光が差し込んできます。

差し込んでくる光は、吹抜の箱の中で反射し、拡散します。天候や太陽の位置により、強い直接光が入ってくることがあれば、柔らかな光となることもあります。

この吹抜は自然光を導き入れ、変化させる装置です。装置であると同時に吹抜を通して、リビングから空が見えたり、空間が抜けることで広がりや無限の奥行感を得られます。

小さな吹抜や余白のような間が、住まいの空間を豊かにすると考えています。