Void/間 3

Light create spaces and MA, meaningless spaces. The intention is to actualize spaces of MA by natural light.

In ‘House N’, a desk and a bookshelf which is unified with the existing column is designed. A column create a space around it, and old column and new beam begin to have a talk.

One of the theme of ‘House N’ is a conversation between the old and new, and the practice thinks about the concept of MA in this conversation.

Old column encounters new beam, and new desk and bookshelf are added to it, furniture would be integrated to architecture.

Then bright and elegant light from new narrow window comes in, and it illuminate them and strengthen the unity between them.

Light integrates furniture and architecture and stimulates the space.

 

光は空間をつくり、「間」をつくります。光によって「間」の空間を顕在化させたいと考えました。

「練馬の家」では、既存の柱と一体化した机と本棚をつくりました。柱は周囲に空間をつくり、古い柱と新たな梁が対話します。

新旧の軸組の対話がこの建築のテーマの一つであり、その対話に「間」のコンセプトを具現化することを考えました。

柱と梁が出会い、そこに新たな机と本棚が備え付けられ、本棚と机という家具が建築と一体化します。そこに、スリットからの自然の光が強く、そして優しく差し込み、建築と家具の一体感をさらに強化しています。

光が建築と家具を統合し、空間に新たな刺激を与えています。