Void/間 4

Creating meaningless spaces in slender voids would dramatically change space.

In ‘House K’, a slender void is placed over the living room, light from the top light goes through the void to the room.

Enclosing the void by white walls results in making it an abstract white space. Light from the top light reflect and diffuse in the void, and pour into the living room in the first floor.

This white abstract void is filled with strong light and soft light, these lights would express transitional beauty and they change every moment.

The images of this abstract void are either nil, gap, and emptiness. There is nothing other than light in this void, and it is a vague space.

One would feel an infinite vastness like a small universe as well as a sense of deep spaces in this void.

 

細長い吹抜の空間で、のびやかな間の空間を創り出したいと考えていました。

「熊本の家」では、リビングの上部に細長い吹抜をつくり、トップライトから自然光を取り入れています。吹抜の上部は壁面で囲い、白い抽象的な空間をつくりました。

この空間にはトップライトから自然光が差し込み、細長い筒状の空間で光がバウンスし、1階のリビングに届きます。

白い箱状の空間は強い光が差し込んだり、柔らかな光に包まれたり、刻々変化します。

この細長い空間のイメージは、無であり間であり空です。光以外に何もない茫漠とした空間です。

リビングルームの上部にあるこの空間は、2層分の高さの開放感以上の空間の奥行が感じられる、小さな宇宙となります。