Void/間 6

MA space would be created in renovation projects.

YDS Architects intends to create MA spaces that evoke various image of time and space by the collision between old spaces and new spaces.

In ‘FRAME’, new bookshelves are inserted into the old wooden frame, one would feel MA space in the materials and spaces of old and new.

YDS Architects intends to create the MA space in the newly designed space. The void in the white bookshelves is the access to the rooms, no doors being in this access, the bookshelves and these wooden frames softly articulate spaces. When one go through the bookshelf into rooms, the bookshelf that are cut out from it for appears.

There are only null space of bookshelves and wooden frames between rooms.

The small MA space where one would feel infinite vastness like a universe have come into being.

「間」を感じる事が出来る空間をリノベーションで創り出したいと考えています。

空間、時間のイメージを喚起する間のコンセプトを、リノベーションという新旧の空間の衝突の中で表現したいと考えています。

「白の本棚」は既存の木造軸組と、新たに挿入された白い本棚の箱があります。この新旧の素材や空間に「間」を感じられるように意図しました。

新たに創られた部屋へは、白い本棚の一部が書き取られた開口が入口になっています。これら部屋の入口にはドアなどの建具は設置せず、本棚や既存軸組が空間を分節しています。

本棚の奥には入口の為に切り取られた本棚が現れます。部屋と部屋の間には、本棚と木造軸組によるミニマムな空間があります。

小さくても無限の広がりを感じられる宇宙のような「間」の空間を意図しました。