YDS Architectsは様々な受賞を受けている国際的な建築設計事務所です。建築家は独自のphilosophyを持ちながら、未来のvisionを創り出す存在でありたいと考えております。私達は、建築や都市は美しく機能的であることを理想としています。
光や風や雨などの自然の要素を常に考え、光と影のうつろいを感じることの出来る、自然のある美しい空間の創造を目標にしております。アートとサイエンスからなる建築設計・デザインにおいて、エコロジーなどの環境に配慮するサイエンス的な視点と美しさの共存を目指しています。
建築と自然の関係を問い直し、建築における生活を改めて考えることは、住宅を設計する際の基本的なスタンスです。集合住宅を設計する際には「集まって住むこと」の意味を改めて考え、皆で集まり、憩うことの出来る広場や道の空間をつくりだし、都市や街と集合住宅との接続を試みています。
日本古来の路地のような道空間や西洋の広場などの歴史的な空間を参照しながら、建築内に活気ある広場や道の空間を創り出したいと考えております。個人邸においても、集合住宅や商業施設などにおいても、それぞれの建築では、人々が出会い、集うことのできる空間をつくりだしたいと思っております。
樹木があり光や風などの自然を身近に感じられる広場や道空間は、大いなる可能性があります。日本古来の概念である「間」や余白の空間が重要な要素と考えております。これらの空間を吹抜やヴォイドによってつくることを追求しています。
思いのある建築を一つ一つ創り出すことにより、街や都市を活性化し、建築と都市の間に新たな関係や対話を喚起したいと考えております。
自然の感じられる間・吹抜の空間、広場や道の空間の創造により、美しく居心地の良い住まいや空間が生み出されると信じております。
私達は下記の5つのプリンシプルをもとに、設計活動を続けております。

5つのプリンシプル
1. 自然:光と風
2. 間・余白
3. 広場
4. 道空間
5. 共生:環境と歴史

自然:光と風

  • Nature/自然1
  • Nature/自然 2
  • Nature/自然 3
  • Nature/自然 4
  • Nature/自然 5
  • Nature/自然 6
  • Nature/自然 7

間・余白

  • Void/間 1
  • Void/間 2
  • Void/間 3
  • Void/間 4
  • Void/間 5
  • Void/間 6
  • Void/間 7

広場

  • Agora/広場 1
  • Agora/広場 2
  • Agora/広場 3
  • Agora/広場 4
  • Agora/広場 5
  • Agora/広場 6
  • Agora/広場 7

道空間

  • Path/道空間 1
  • Path/道空間 2
  • Path/道空間 3
  • Path/道空間 4
  • Path/道空間 5
  • Path/道空間 6
  • Path/道空間 7

共生:環境と歴史

  • Symbiosis/共生 1
  • Symbiosis/共生 2
  • Symbiosis/共生 3
  • Symbiosis/共生 4
  • Symbiosis/共生 5
  • Symbiosis/共生 6
  • Symbiosis/共生 7
Forests of Grid

Forests of Grid