House I

The design image is that outer space inserts into the architecture, so that light and wind brought from the outer space will extend into the inner space. Inner space and outer space would integrate.

The client wants to have a big living room where they have fun with their friends and relatives.

Creating living room near the entrance hall that connects inner space with outer space by terrace is our solution.

Through three voids in the living room, various lights and shadows will go into the spaces.

You would feel the transition of the light and shadow.

Tatami room on the corner of the living room faces ‘Tsubo-Niwa'(Japanese spot garden),and up from the level of the other spaces.

You would feel the light and wind by being able to see the sky through the terrace, box of the light, from the living room.

The light and air that changes every season would flow into the house.

 

建築に外部空間が貫入し、その外部空間からもたらされる光と風が内部空間に広がってゆき、内外の空間が一体化するイメージで設計しました。

親戚や昔からの友人達が大勢訪れ、楽しむことが出来る広い空間が望まれました。

広いリビングをアウトドアリビングであるテラスの隣に配置し、内外の空間を緩やかにつなげる事を考えました。

リビングには大小3つの吹抜が配置され、2階の外部テラスや窓からもたらされる光によって、時々刻々変化する光と陰影をもたらし、光と陰によって、各部屋には様々なシーンがあらわれ、生活にリズムを与えます。

リビングの一角にある畳の空間は坪庭に面し、レベルを少し上げることで、他の空間からゆるやかに分節すると同時に、下部を収納としています。

建築に貫入するテラスは輝く「光の箱」となり、1階のリビングからは吹抜越しに切り取られた空をのぞむことが出来、内部空間に居ながらにして、外部空間を感じることが出来ます。

四季折々の光と風が、住宅の内部に広がってゆきます。

| DATA |

  • Type :

    Private House

  • Location :

    Ibaraki, Japan

  • Collaborators :

    Myu engineering

  • Size :

    130sqm

  • Status :

    Completed