茨城の家

The image is to integrate the inner space with the outer space by inserting voids.

The terrace that faces the living is inserted into the house, and this space like a court is the center of this house.

Light and the wind brought from this external void would go to the whole spaces.With the light from the slits in the court, the entrance hall would become a calm space with order.

The inner space is light and open due to the light from the external terrace.

To make this terrace a space with privacy where they would enjoy with no care to the outer space,the external space was covered with the grating of square lattice FRP.

The terrace is a plaza for the family.

In this two-stories void with white wall, they would feel the transitional changes of light and shadow.

 

外部ヴォイドの貫入による「内外の空間の一体化」をテーマに設計しました。

1階のリビングに面して1、2階を貫く外部空間が挿入されており、この外部テラスの空間を中心に全体の空間が構成されています。

テラスからリビングや和室、玄関ホールに光や風が広がってゆきます。テラスからの光で内部空間は明るく開放的な空間となっています。

外壁は濃青色を基調とし、テラスのみ白く塗装しました。外部空間がより明るくなり、空間構成を明確にする事を意図しています。

テラスは正方形格子のFRPのグレーチングで覆い、光と風を通しながら視線を遮るので、プライベートな空間になります。グレーチングは光り輝くスクリーンとなり、テラスの空間を「個の空間」として領域化します。

外部空間を柔らかく分節するテラスでは、家族や友人達が外部の視線を気にすることなく楽しむことが出来、壁面によって切り取られた空は「自分だけの空」となり、空を感じながら生活することを意図しています。

様々なテラスから光と風が住宅内にもたらされ、内外の空間が一体化します。

| DATA |

  • Type :

    Private House

  • Location :

    Ibaraki, Japan

  • Collaborators :

    -

  • Size :

    160sqm

  • Status :

    Completed