都市広場 2

Urban Agora 2

There are severe restrictions on building coverage ratio in the site of ‘Void in a Forest’. The reason of this restriction is that the site is appointed as scenic districts, because the site is next to the large famous park in Tokyo.

To design an agora in this residential building, making the best use of the restriction is the solution. By prioritizing the restrictions and the conditions of units, a void like an agora named ‘Urban Court’ is created.

Although the court is placed in the northern part of this apartment, it is full of light by putting it next to the big park. The walls of the court are painted white, the space of the court would be brighter by the reflection of light in this white wall.

In this agora without roof, one would feel nature either when its sunny or rainy. When one looks up, one would see ‘one’s own sky’ framed by the walls.

To make the court relate to the nature of the park, bamboos are planted at the center of it. One would feel the warmness by natural slate stones paved in the court. One always sees this agora when you go into your unit, because it is next to the elevator, stairs, and corridors.

YDS Architects keeps in mind that courts would be more familiar with residents.

 

石神井公園に隣接する「石神井公園の集合住宅」の計画地は、風致地区の指定による厳しい建蔽率の制限がありました。

この建築に広場の空間を創り出すために考えたことは、この厳しい建蔽率の制限を逆手に取ることでした。建築面積の制約と各住戸の居住環境を優先することで、敷地の北側にヴォイドをつくり、「都市の中庭」を創り出しました。

北側の広場は、自然光が少なくなりますが、公園と接続させることで、光溢れる広場となりました。法規制による建築のボリュームを最大限確保しながら、広場へ出来るだけ自然光が降り注ぐように考えました。

この広場は全面をホワイトで仕上げました。広場の象徴性を高めると共に、自然光の反射により、広場が明るくなるように考えています。上部に屋根のない天空のこの広場は、晴れた日も雨の日も自然を感じることが出来ます。

広場では見上げれば「自分だけの空」を見ることが出来ます。孟宗竹を植え、公園の自然との連続性を生み出し、自然石の玄昌石と共に自然のぬくもりを感じることを意図しています。

この広場はエントランスホールに接続し、各階の階段・EVと隣接しているので、住まい手は広場を眺めながら自らの住戸に至ります。

住まい手にとって、身近な存在となるような広場を創り出したいと考えています。