揺らめく自然 2

Wavering Nature 1

Rethinking the meaning of terraces is one of YDS’s methods of designing residential buildings.

By considering terraces as voids, the practice thinks about buildings with voids which appear in their facade.

In ‘Wavering Voids’, the practice treats every terraces as voids of both inner spaces and outer spaces. Therefore the terraces of each units are not only put in line, but put aside the units.

Creating various housing units would fold multiple life styles by putting terraces freely. Simple architectural operation of placing the walls and terraces produces striking facade with voids and various housing units.

Voids and the terraces penetrate the space of each units so that the light and wind would go through and gently wrap all the spaces.

The intention is to design more worthy residential buildings by designing various housing types and distinctive facade.

 

テラスの意味を問い直し、集合住宅をデザインすることを考えています。

住戸のテラスをヴォイドと捉え、テラスが連なるのではなく、ヴォイドとしてのテラスがファサードに表出するイメージを考えました。

諸条件から階段状のボリュームが導かれた「杉並の集合住宅」では、画一的な住戸プランではなく、多様なライフスタイルを包み込むバリエーション豊富な集合住宅にしたいと考えました。

テラスを正面側だけではなく、住戸の側面にも配置し、貫入させるデザインとしました。様々な住戸タイプをつくり、多様化したライフスタイルを包みたいと考えました。テラスの配置と壁面のシンプルな建築的操作によって、ヴォイドのある印象的なファサードをつくり、多様な住戸が生まれました。

ヴォイドが住戸の空間に貫入し、住まいを光と風が優しく包み込みます。

豊富な住戸のバリエーションと、特徴的なファサードが集合住宅としての価値を高める事を意図しました。