揺らめく自然 5

Wavering Nature 5

The main image of designing houses is creating spaces where the light and the wind running around.

YDS Architects designs spaces and concepts to take in light and wind.

In ‘House I’, the image is that various light both from glass blocks and from the terrace go through via a large void. There would be a harmony of light from the glass blocks and from glasses.

The design concept is a ‘Box of the light’, and it penetrates the volume of this house.Living room in the 1st floor would be full of various natural lights thanks to this void. These light would change every time and would express transitional beauty.

Simple concept of ‘Box of the light’ would bring light and wind into all the spaces, one would feel the nature inside.

 

住宅の設計の際には、光と風が通り抜け、駆けめぐるようなイメージを考えます。

光と風を取り込むために、コンセプトを具現化するデザインや空間をつくります。

「神栖の家」ではリビングに大きな吹抜をつくり、テラスとガラスブロックから光が注ぎ込むイメージを考えました。ガラスブロックを透過する光とガラスを透過する光の、二種類の光が様々なシーンを織りなすイメージです。

「光の箱」は建築のボリュームを貫き、1階のリビングルームは様々な光で満たされます。これらの光は刻々変化し、うつろい、美を演出します。直方体のボリュームに光の箱が貫入し、光溢れる空間を創り出しました。

貫入する「テラス=光の箱」は、内部空間に光と風をもたらし、内部で自然を感じられます。