共生の森 1

Forests of Symbiosis 1

YDS Architects always checks the environments and histories of the site in detail. Architectures are harmonious with the environments and have symbiosis with histories is their intention.

Architectures with clear concepts may be different from other architectures or buildings nearby. Although architectures with clear visions might drive wedges in the existing context, they should be in harmony with surroundings.

This notion is applied to houses, apartments, schools and what not. YDS Architects seeks to design residential buildings that would positively bear upon surroundings and contribute to the scenery nearby.

In ‘Void in a Forest’, making the best use of bountiful nature nearby is main concept. To make the architecture blend in the surrounding environment, louvers are selected as materials to enclose the court as they would softly articulate it from plentiful trees outside.

When one see the court from outside, shapes of the courts and bamboos would change depends on your position.

This is an attempt to make new scenery softly connect with the city around by creating spaces of marginal spaces with nature inside the architecture.

 

設計する際には敷地を詳細に調べ、周囲の環境に出来るだけ馴染むように心がけています。

全ての土地は固有の歴史を持ちます。それらの歴史を掘り下げ、環境と歴史と共生する建築を考えています。

明快なコンセプトを持つ建築を設計すると、その特徴的なファサード・外観は、周辺の風景とは一線を画すことになります。「その場しかない建築」を創り出す一方で、周辺の都市や自然に配慮し、風景に溶け込むようにしたいと考えています。

個人邸においても、スケールが大きな集合住宅などの建築においても同様に考えております。周辺の都市空間や風景に積極的に関わり、出来るだけ風景の一つとして貢献できないか、と思っております。

「石神井公園の集合住宅」においては、周辺の恵まれた自然環境を活かしつつ、これら樹木などの自然と調和させたいと考えました。ルーバーで覆われた中庭は、周辺の自然を柔らかく分節し、接続します。

周囲から最も見える位置にルーバーを配置し、柔らかなイメージとしています。ルーバーの向こうの中庭と孟宗竹は、眺める位置によって見え方が様々に変化します。

余白のような空間と自然を建築内部に創ることで、都市空間と隔絶することなく、ゆるやかにつながる新たな風景を創り出しました。