共生の森 2

Forests of Symbiosis 2

YDS Architects thinks that the conversations and collisions between the old and the new would stimulate the new spaces.

When the practice manages the design of renovations, they respect the given context and intend to make new meanings for both new and old spaces by inserting new spaces.

In ‘FRAME’, the intention is to create new spaces while making the best use of the old wood frames. All the factors of spaces other than floors are white bookshelves, and clearly express the difference between the old and new spaces and materials by painting the old wood frames in clear.

The beams that once consisted the pitched roof might be on the way for new spaces, the conversations between the old and new has been realized by inserting new white bookshelves in the frames.

When YDS Architects deals with the renovation, they value the attitudes towards succeeding the histories and old spaces.

 

新旧の空間の対話及び衝突により、新たな空間に刺激が与えられると考えています。リノベーションの設計の際には、出来るだけ既存の空間に敬意を払いつつ、新たな空間を挿入する事により、新たな空間と古い空間の相互に新たな意味が生まれるように考えています。

「本棚の家2」では、既存の木造軸組をいかに活かしながら、新たな空間を創り出すかを考えました。床面以外の新たな空間の要素として、壁面は全て白の本棚とし、既存の木造架構はクリア塗装で仕上げ、新旧の空間や素材を明確に表現しました。

既存の勾配天井をつくっていた梁は、新たな住空間の障害になる可能性がありますが、その部分に新たな本棚を挿入し、構造体を主体としたデザインとすることで、新旧の空間の対話が実現しました。

リノベーションをする事は新たな空間で生活するために、建築に手を加える際には、歴史や空間を継承する姿勢も大事にしたいと考えます。