有機的ヴォイド 7

Organic Voids 7

Creating MA, meaningless spaces, in voids over living room would make spaces the central space of houses.

In ‘Y-House’, the void of the living room is placed next to the outside terrace. The upper side of terrace is the sky, and the upper side of this living room is white space.

Two windows are placed, the one is upper side of the wall and the other one is in front of the terrace of the second floor. Light from the window of the upper side of the wall may be strong or soft which change depends on the weather and time.

Light from the large window in front of the terrace always softly illuminates the white space. Light from these windows would illustrate this white void variously.

One would feel calmness and vastness in this white void while letting go of one’s mind.

 

間の空間をリビングルームの上部の吹抜において、創り出したいと考えました。

「茨城の家」におけるリビングルームの吹抜は、外部テラスと隣接するように配置しました。テラスの上は空であり、リビングの上は白い空間が広がります。この白い吹抜の空間にはハイサイドライトと2階のテラスに面した大きな開口があります。

ハイサイドライトからは自然光が差し込み、絞られた強烈な光のラインを描いたり、柔らかな光を投げかけたりします。大きなサッシュからは柔らかな光が空間を満たします。二つの開口からの注ぎ込む自然光が、白い空間を様々に彩ります。

吹抜により得られる爽快な開放感と、静寂な余白の空間を感じることが出来ます。