Urban Square 3

「石神井公園の集合住宅」では、各階の廊下に面する中庭(広場)から自然光が降り注ぎます。

住まい手は自らの住戸から街へ出かける際、EVか階段によりエントランスホールへと降りる際に、自然光に照らし出された空間を進みます。

この光によって、シンプルな直線の廊下の空間が単調にならず、四季折々の風情を感じることが出来ます。生み出される光と影による「光と影のうつろい」を感じることを意図しています。

集合住宅の空間においては、このような広場の空間と同時に道の空間も創り出したいと考えています。それぞれの住戸にたどり着くための単なる経路ではなく、楽しみながら到達できるようにしたいと考えています。

 

ここでは広場の中に道の空間として階段を配置し、立体街路の様な空間を創り出しました。