Urban Square 6

住宅における「広場の空間」をつくりたいと考えています。

「練馬の家」において、余白のように残っていた庭をリビングと繋がった「アウトドアリビング」として再生することを考えました。

庭のあった場所に無垢の木を使ったテラスをつくり、リビングルームとは大きなサッシュでつながります。子供たちがリビングから外へ出てゆき、走り回るイメージです。

 

アウトドアリビングのテラスは、空という「無限の吹き抜け」を持つ広大な空間となります。そこで大人はベンチに腰掛けてビールを飲んだり、読書したりするでしょう。

テラス脇の塀が低かったため、「視線を遮ること」と「木に囲まれた空間」を作るために、デッキと同じ木材で目隠しの壁を作りました。

 

いわば「木に包まれた空間」で家族皆様が楽しめるでしょう。