Urban Square 7

住宅における「広場の空間」を子ども部屋とつなげたいと考えました。子ども達が部屋と屋外の広場の空間を駆けめぐるイメージです。

「熊本の家」において、2階のテラスをどのように配置するかを考えました。テラスを廊下に面させ、子ども部屋と隣接させることで、テラスの広場としての機能を高めました。

テラスを中心とする回遊性が創り出せないか、と考えました。回遊性によって様々な動線が生まれ、空間に深みが出ます。廊下と子ども部屋がテラスを囲むようにデザインしました。

子ども部屋に挟まれたテラスは子ども達にとって格好の広場となるでしょう。両側の子ども部屋と廊下から出入りでき、都市に開かれたこの広場の空間は家族の憩いの空間です。

 

テラスからは空と街、そして阿蘇の山々を眺めることの出来、この住宅特有の貴重な空間となるでしょう。