Wavering Nature 3

集合住宅において、光や風などの自然により近い生活空間を創り出したいと考えています。

「石神井公園の集合住宅」では、広場のような中庭を創り、光や風を感じられる空間を創りました。2住戸は中庭から直接出入りします。住まい手はエントランスホールに入った後、外部空間である中庭に出て自分の住戸に到達します。

雨が降っていれば、傘をさしてエントランスホールから出て、中庭を通らなければなりません。不合理な面もありますが、晴れた日は気持ちよいでしょうし、雨という自然を身近に感じることが出来ます。

この中庭は実際の広さとしては小さいですが、住まい手にとっては小さな宇宙となることを意図しています。三方を外壁に囲まれた住戸は、各方面から開口から光がそそぎこみ、風が通ります。

 

光や風、あるいは雨などの自然をいつも感じることが出来るような住空間を目指しています。