長野の図書館

Water Squares

This library attached to a university is designed in a site with lots of nature.

Spaces of study one would encounter several books and invoke communications between the students are planned.

The wall of exposed concrete inserts the square volume surrounded by square pond. In the route to the entrance hall goes along the wall, one would feel relieved and get ready to study. The wall of exposed concrete cut up the volume and brings about light that express transitional beauty.

In the first floor, there are spaces of uniform grids of woods and reading circle would be held around the voids. In the second floor, one would walk around freely in the open spaces with no columns. The courts with a large tree serves as an oasis for students.

Spaces with the light and nature would stimulate and give warmth to the activities of students.

 

自然豊かな敷地にある大学付属の図書館の計画です。

様々な本に出会える学びの空間であると同時に、学生同士の活動を喚起する空間が求められました。

水面に囲まれた正方形のボリュームをコンクリート打ち放しの壁面が貫きます。壁面に沿うスロープを上がり、図書館にいたる経路の中で、学びの森へ行く気持ちを整えます。コンクリートの壁面はボリュームを切り裂き、刻々変化し美を演出する自然光をもたらします。

1階は木の柱・梁による均等グリッドによる、森のような温かみのある空間となっており、吹抜のある空間では読書会や勉強会などが催されます。2階は広がりのある空間であり、大きな樹木のある中庭の空間は憩いの空間です。

光と自然を孕む空間は、学ぶ人間に刺激と温もりを与えるでしょう。

| DATA |

  • Type :

    Library

  • Location :

    Nagano, Japan

  • Collaborators :

    -

  • Size :

    3,700m2

  • Status :

    In Progress