Box of Hope

This is an extension project of a clinic.A doctor decided to place an engine generator after Great East Japan Earthquake.

There are many problems to deal with, for the site situated in a shopping district.

To negotiate with the fire station, the client’s sincere hope to contribute to the people in case of emergency break the barriers.After several negotiations, this project was accepted by fire station by putting stainless walls around the engine generator.

Although this is a very small architecture, it is the clear vision of the doctor’s hope, and it would be very helpful in case of emergency.

This tiny architecture stands in a shopping district like a lantern of hope.

 

クリニックの増築計画です。東日本大震災を受け、医師は増築計画に先立ち、非常時の為に発電機を設置することを決意しました。

敷地は駅前の商店街のため、軽油で発電する発電機の設置には様々な困難が予想されました。

法規制上の困難を前に、「地域の医療に貢献し、非常時には周辺の負傷者や患者の皆様の役に立ちたい」という医師の思いと決意を前に、消防署との折衝を繰り返しました。

非常時の医療施設としての重要性を強く訴え、発電機の周囲をステンレスの箱で覆うことで、計画を進めることが出来ました。

医師の思いを具現化したこの小さな建築は、非常時には大きな役割を果たすでしょう。

小さな箱は商店街の一角で希望の灯火のように静かに佇んでいます。

 

Photo : Yoshitaka Uchino

| DATA |

  • Type :

    Clinic

  • Location :

    Tokyo

  • Collaborators :

    -

  • Size :

    20sqm

  • Status :

    Completed