Urban Tea House

To revitalize station squares, YDS architects intends to create ‘Spaces of Paths’ in monotonous sidewalks.

In Edo period, there used to be several teahouses alongside main roadways including Tokaido roadway where travelers had a break. The main concept is to bring them to life in modern design and create renewed one in station squares.

All the beams, columns, and walls are made up by woods, and they would represent traditional Japanese wood design in a city.

Light and shadows generated by small beams change depends on the season and time, and they change every moment.

Creating minimum architectures and making spaces of path or roji which is one of the traditional Japanese spaces, the intention is to regenerate urban spaces by giving positive meanings to marginal spaces in cities.

 

駅前の空間を活性化するために、「単なる経路」となっている歩道を「道空間」として再生することを考えました。

江戸時代、街道を行き来する人たちを迎え、くつろぐ場を提供する街道茶屋がありました。そこで、この街道茶屋を日本的かつ現代的なデザインで蘇らせ、駅前につくりだしたいと考えました。

木造建築の意匠を周囲に発信するために、梁や仕上げを木とします。

小梁によって生み出される光と影は、季節や太陽の高さによって変化し、そのうつろう様子は時々刻々変化します。

最小限の建築をつくり、日本古来の道空間をつくりだすことで、都市の余白のような空間にあらなた意味を与え、都市空間を再生することを目論見ました。

| DATA |

  • Type :

    Park

  • Location :

    Tokyo

  • Collaborators :

    -

  • Size :

    800sqm

  • Status :

    Competition