田無富士見幼稚園

Fujimi Kindergarten

This is a kindergarten in west Tokyo where lots of trees including cherry blossoms are planted.

YDS Architects put a double large roof as a motif of cone-shaped hat which is in the song of this kindergarten.The roof would be seen from the distance, and it would be the landmark of this kindergarten.A terrace of 3.8m is placed next to the rooms as the middle area between the internal space and the external space

The glass eaves make the line of light which lead children, parents to the whole kindergarten building.The entrance hall along the axis faces veranda space from the entrance, and it clarifies the space of the kindergarten building.

The hall would become an exhibition space of works of kindergartners.

YDS Architects hope children would grow up healthily in this kindergarten.

 

桜などの多くの樹木があり、緑に恵まれた敷地で計画された幼稚園です。

園歌にある「とんがりぼうし」を建築デザインのモチーフの一つとし、二重の大屋根をデザインしました。大屋根は幼稚園の歴史を象徴すると同時に、周辺の地域におけるランドマークとなります。園庭を取り囲むように配置した保育室と園庭の間には、幅3.8mの庇のある縁側のような空間を創りました。

庇は日射を適度に遮蔽し、ガラスを透過した柔らかな自然光が空間を満たします。ガラス庇は一筋のラインを作り、光の廻廊のような空間は、園児や関係者の方々を園舎の奥まで導きます。

縁側の空間は、園児達が遊ぶことが出来る半屋外の空間となり、園庭の豊富な自然を園舎の内部に引き込み、エントランスホールからは縁側を臨め、空間のつながりが生まれ、軸線上のホールは、園児達の絵や工作物などの作品が立ち並ぶ展示空間となります。

豊富な樹木による自然豊かな園庭、縁側空間、保育室・遊戯室で、園児達が健やかに成長することを期待しています。

 

Photo : Masaho Inami

| DATA |

  • Type :

    Kindergarten

  • Location :

    Tokyo

  • Collaborators :

    Toshi Kozo Structural Design

  • Size :

    2,150sqm

  • Status :

    Completed