杉並の集合住宅

Wavering Voids

The design image is making various units by vertically and horizontally inserting voids.

A simple terraced volume is planned according to the conditions of the site.The diversity of internal spaces of various units expresses in the facade design as it is.YDS Architects intends to create various units where people with various lifestyles would live in.

Creating different units by trisecting the volume, and operating the walls produces the flat facade with voids where sashes and external terraces appear at random.The external terrace is placed at the center of a room or the side of a room by this architectural operation. Taking advantage of this terraced volume, voids vertically inserted into the unit on which there is no volume.

This operation brings about variations of internal spaces.

Various units with vertical and horizontal voids are invented by employing a simple design.

 

テラスを垂直に、あるいは水平に様々な形で挿入することで、住戸のバリエーションをつくることを考えました。

様々な住戸の内部空間の多様性がそのままファサードデザインに表出するファサードデザイン、住まい手の様々なライフスタイルを包み込むことが出来る住戸空間を意図しました。1グリッドのヴォリュームを3等分に分割し、壁面をずらすというシンプルな建築的操作により、各住戸に空間の多様性が生まれました。

面的なサッシュとヴォイドのようなテラスがランダムに交互に並ぶファサードとなっています。テラスが部屋の中央や側面に配置される住戸など、内部空間に多様性をもたらすと共に採光や通風が二方向取れ、居住性を高めます。

テラスの配置を工夫した様々なタイプの住戸があり、住戸内は光と風に溢れ、四季を感じられ、段状の住まいには、中央に上部に広がる空を取り込むテラスがあり、「自分だけの空」を楽しむことが出来ます。

シンプルなデザインにより、内外に様々なヴォイドを持つ多様な住戸空間が生まれました。

 

 Photo : Nobuki Taoka

| DATA |

  • Type :

    Residential Building

  • Location :

    Tokyo

  • Collaborators :

    Kanae Structural Engineering

  • Size :

    3,810sqm

  • Status :

    Completed