大泉学園の家

東京の築60年以上の、比較的大規模な戸建住宅のリノベーションです。

新たな住空間を生み出すために、内部空間のほとんどと一部のサッシュと外壁を改修しました。

既存住宅の一階部分は、キッチン・居間・客間・和室・収納・仏間など多くの部屋がありました。

クライアントは、広々とした大きな空間をご希望でした。

既存の建物は多くの柱によって成り立っていたため、広い空間を作ると、たくさんの柱が出てきます。

一部の柱は撤去することが構造的に可能でしたが、私たちは既存建物の歴史を尊重し、既存の柱をそのまま残して、活かすことにしました。

リノベーションの結果、現れた多くの柱は「柱の森」のようになります。

そして、厚い「木の壁」によって新たな空間が分設され、光と影の美しさが現れます。

柔らかな曲線の階段は、机や棚にもなり、既存の柱と梁と結合します。

スリットからの光が刻々変化する和室では、深淵なる自然の美を演出します。

この住まいに住むことは、人間の初源的な生活を思い起こさせてくれるでしょう。

柱 梁 森 光 陰影 和室 和風 木造 大泉学園

Photo : Nobuki Taoka

DATA

  • Category:

    House

  • Type:

    個人邸(リノベーション)

  • Location:

    Tokyo

  • Team:

    YDS

  • Size:

    170sqm(Renovation Area) (Total Floor 210sqm)

  • Status:

    Completed