都市広場

集合住宅を設計する際には、「集まって住むこと」を改めて問い直します。

住まいを足し合わせた建築ではなく、「集まっているからこそ得られる空間」を 創りたいと考えています。

道空間・広場の空間を創り出せないか、と考えています。

集合住宅だからこそ、人が集まり、憩い、自然を感じることの出来る広場を創りたいと考えております。

 

広場の空間を創り出すために考えたことは、様々な制約がありますが、制約を逆手に取ることを考えます。

建築面積の制約と各住戸の居住環境を優先することで、敷地の北側にヴォイドをつくり、「都市の中庭」を創り出したVoid in a Forestsを設計しました。

上部に屋根のない天空のこの広場は、晴れた日も雨の日も自然を感じることが出来ます。

広場では見上げれば「自分だけの空」を見ることが出来ます。

この広場はエントランスホールに接続し、各階の階段・EVと隣接し、住まい手は、いつも広場を眺めながら自らの住戸に至ります。

 

Forests of Gridsでは、ささやかなスケールですが、都市に武蔵野の森を再現しました。

住戸のボリュームを最大限確保するために、この中庭は高さが2層までしか建てられないエリアに配置しました。

小さな宇宙のような、広がりを持つ自然の空間です。

 

住宅においても、「広場の空間」をつくりたいと考えています。

練馬の家では、リビングと繋がった「アウトドアリビング」をつくり、広場とリビングが有機的に連続します

アウトドアリビングのテラスは、空という「無限の吹き抜け」を持つ広大な空間となります。

 

熊本の家では、住宅における「広場の空間」を、子ども部屋とつなげたいと考えました。

子ども達が部屋と屋外の広場の空間を、駆けめぐるイメージです。

そして、テラスを中心とする回遊性が創り出せないか、と考えました。

都市に開かれたこの広場の空間は、家族の憩いの空間です。

DATA

  • Category:

  • Type:

  • Location:

  • Team:

  • Size:

  • Status: