Water City 1

未来の東京の都市デザインを考えるための実地調査です。

多くの河川と東京湾に囲まれた都市「東京」の再生を考えました。

かつて東京はロンドンやパリなどの都市と同様に、水の都でした。ロンドンはテムズ川、パリはセーヌ川があり、川と都市空間は密接につながっています。アムステルダムは広大な湾に面し、ヴェネツイアは海に囲まれ、グランドカナルが街を貫きます。

これらの都市は水の空間と生活が一体となっています。そこで、東京の街づくりの歴史を紐解き、現状を観察・分析し、Water City Tokyoを捉え直す試みをしました。

東京は江戸時代初期に大規模な開発により、埋立と治水事業により多くの川が生まれました。それらの河川の多くは、高度成長期に首都高速の高架下になるなど、都市の裏側となってしまいました。ロンドンやパリなどの都市では、建築も生活も川に向いています。

東京は、建築も生活も川に背を向けています。大小様々な川があり、東京湾に面した東京の都市構造は、水を活かすことで大いなる可能性があると考えます。

東京のUrban Designだけではなく、水と都市・建築を考える上で大きな転換点となりました。

Tokyo Water City

Photo : Yoshitaka Uchino

DATA

  • Category:

    Urban

  • Type:

    Master Plan

  • Location:

    Tokyo

  • Team:

    YDS

  • Size:

    -

  • Status:

    IDEA