Water City 2

東京の河川は江戸期に大規模な治水工事と付け替えによってつくられました。

築地から銀座周辺に掛けては、様々な運河が張り巡らされ、江戸期には水運の要として活気を呈していました。

河川は高度成長期の首都高速の設置によって半ばふさがれ、水運は鉄道や道路などに主たる交通の座を奪われ、活気ある河川の佇まいはなくなりました。

河川と東京湾という大いなる水辺の都市空間を、水の空間の導入によって刺激を与え、かつての水の都市東京の復権と共に新たなる価値を創造する試みです。

水の空間は東京湾の風を引き込み、風の通り道となり、夏のヒートアイランド現象を和らげる効果があります。新たな水辺の空間は都市の憩いの場となり、新たな都市景観を創り出し、大きく変わる都市は大いなるポテンシャルを持つと考えます。

Tokyo Water City

DATA

  • Category:

    Urban

  • Type:

    Master Plan

  • Location:

    Tokyo

  • Team:

    YDS, Tokyo Canal PT

  • Size:

    -

  • Status:

    IDEA