江戸ウォーターフロント

江戸は徳川幕府が成立してから、急速に開発が進みました。街並が構成されると同時に、人口も増加し続け、中期以降には100万都市になったと言われます。
当時の人口はロンドンが約70万、パリがおよそ約50万。江戸は当時世界一の大都市でした。
大都市・江戸は、西欧とは全く異質な文化を生み出し、様々な大衆文化が栄えました。
歌舞伎・浮世絵・相撲などいずれも庶民が担い手となって開花します。建築においても、大規模は寺社仏閣・城郭建築に代わって、数寄屋建築・歌舞伎や能・人形浄瑠璃のための劇場建築が建てられます。
そして、農村の民家や都市の町屋等、比較的小規模な建築に傑作が生まれました。
江戸期には水運が、流通の重要な位置を占めました。そして、江戸の各地に河岸が作られました。
河岸は、水運交通の結節点となり、人が集まり、水辺空間の開放性もあり、名所や盛り場が多くできました。

日本橋川に架けられた江戸橋の橋詰めにある江戸橋広小路も、河岸に発着する船荷や旅客で賑わい、床店や水茶屋が広小路の両側に軒を連ねました。
この水辺付近の空間の公共空間も「道空間」です。
水辺の公共空間として、ヴェネツィアのサンマルコ広場などがありますが、日本人は「道を練り歩く」ような「道空間」が好きなのではないでしょうか。

浮世絵:歌川広重

江戸 ウォーターフロント 河川 川 都市計画

DATA

  • Category:

    Urban

  • Type:

    調査・都市計画

  • Location:

    東京都

  • Team:

    YDS

  • Size:

    -

  • Status:

    Completed