熊本の家

「光と影」と時のうつろいがこの建築のテーマです。

庭に面した1階のリビングは、吹抜と斜めの壁により広がりを感じられる空間です。2階の子ども部屋の間に、テラスを貫入させるデザインとしました。

子ども部屋はテラスからの光と風が溢れる空間となり、廊下と吹き抜け越しに1階へと光をもたらします。トップライトとテラスからの光により、光の様相が変化し、テラスから差し込む光と壁面で反射した柔らかな光は美を演出します。 

壁一面の木製の本棚と円形のテーブルは、お子様と御両親が一緒に本を読んだりできます。木のキッチン、本棚、無垢材のフローリング、玄関の玄昌石により、自然の風合と時の経過を感じられます。

テラスからは壁面で切り取られた「自分だけの空」を楽しむことが出来、吹抜越しに1階のリビングからも空を眺めることが出来ます。白い箱、浮遊した白いガレージ屋根、切り取られた空は特徴的な風景を生み出します。

光と風が住宅の中を駆け巡り、住まい手の生活を様々に彩ります。

熊本 住宅 デザイナーズ シンプル 光 白い箱 テラス ヴォイド 吹抜

Photo : Hiroshi Fujimoto

DATA

  • Category:

    House

  • Type:

    House

  • Location:

    Kumamoto, Japan

  • Team:

    YDS,Myu Structural Engineer

  • Size:

    170sqm

  • Status:

    Completed